レグザAT3S0動作確認済み/Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400ブラックQE-PL201-K

東芝タブレットPC レグザAT3S0/35Dは充電ケーブルがある意味 特殊なこと、純正充電ケーブルが東芝から発売されていないこと、更にサードパーティからも対応充電ケーブルが発売されていないことなどなど、充電ケーブルに関してはサポートがよろしくありません。

充電ケーブルのコネクターは見ての通り他USBケーブルが流用できず。
自宅で充電、オフィスで充電を実現する場合は、1.充電ケーブルを持ち歩く、2.サードパーティーの補助バッテリーを購入する、のいずれかで対応することになります。

1の充電ケーブルを持ち歩く場合、万一なくしてしまったらAT3S0/35Dがただのレンガと化す・・・。

結果として、現在のところ対応策は2の「補助バッテリーを購入する」ということになりそうです。

追加の出費になりますが、補助バッテリーを1つ持っていればレグザ本体だけではなく、モバイルルーターなど他の機器への充電も可能ですから、準備しておいて損はしないかもしれません。

Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400はレグザAT3S0の動作確認が取れています。
Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ブラック QE-PL201-K」をレグザAT3S0に接続して実際に充電した結果に関するレビューを参照ください。
REGZAtabletAT3S0用に購入。他の方のレビューではスマホばかりでタブレットは iPadのみだったので不安があったが、何の問題も無く充電できた。
フル充電でタブレットに何%まで充電できるかはわからないが、少なくとも緊急用としては十分使えることが判明。
WiMAXルーターの充電もできるので非常に有用。
充電池だけあって重さもそれなりだが、予想以上にコンパクトなので、かばんに放りこんでおける。
Qiに対応しているとのことだが、将来対応機種が増えてきてから充電器を考えたい。(コンセントからで十分なので)

タブレット65%残量の状態から充電開始。2時間ほどで100%になった。ランプは橙色(40〜70%残)。ざっくり計算すると40%充電するのに半分使ったことになる。
WiMAXルータ充電を考慮すれば、タブレットもWiMAXルータも少なくとも0.5倍バッテリー寿命が伸びたことになる。これは使える。

タブレットを電源が入らないくらいまでバッテリー消費して充電したら、85%まで充電できた。某サイトのレビューで「iPad65%充電、途中でキーンという音がする」とあったが、REGZAtabletAT3S0ではもっと充電できたことになる。また、充電時のキーンという音もしない。

» Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ブラック QE-PL201-K

白もあります。
» Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ホワイト QE-PL201-W
| 東芝タブレットレグザAT3S0/35Dアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする   ↑TOP
seo great banner Free directory
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。